DB(denim-base)デニムを織っている時の写真

デニム作りをサポートしてくれている方が、写真と動画を送ってくれました。
ちょうど、DB(denim-base)オリジナルデニムを織っている時の様子です。

狭幅のシャトル織機

タテ糸が綺麗に並んでいます。耳部分には、薄いピンクの色糸が入っています。

織り上がるとこんな

新たな試みで別注したヨコ糸

このヨコ糸を多めに打ち込んでもらいました。

 

レプリカ系ジーンズでは、タテ糸を緩めてザラ感を出すのが主流ですが、今回はあえてキッチリしっかり織り。

そのため、綾目の乱れが少なく、表面はフラットな質感です。

動画も撮ってくれました。
シャトルが行ったり来たりする様子がよく分かります。

このデニム、生だとおとなしい印象ですが、洗うと化けます。
主流の織りでザラ感を出す方法ではなく、織りはしっかり、でも糸の特性を利用してタテ糸を浮かしたりシワ感を出しています。
なかなか面白い生地に仕上がっていますよ。